ヤフオクでは出品制限に注意して取引しましょう。

flat vector8

ヤフオクの取引(オークション)は、個人と個人の間で行なわれることがほとんどです。
取引の信頼性を上げるためヤフオクではある一定のルールが存在します。
利用規約違反またはガイドライン違反が疑われる場合に、以下のような措置がとられます。
注意しましょう。


 ・出品制限
 ・利用停止
 ・yahoo Japan IDの登録削除


このような措置の中の一つが出品制限です。

このような措置がとられると出品者には、個別にメールが届きます。

出品者はこのメールの内容を確認して、その内容に疑問がなければ、yahoo側の措置に従うしかありませんが、不服又は疑問がある場合は、メールに添付された「お問い合わせ」に問い合わせましょう。

出品制限になると、出品中の商品はすべて出品が取り消されます。

また、「出品・再出品」機能も使えなくなります。

自分のyahoo Japan IDでログインしている時のみ評価に「出品制限」と表記されますが、それ以外の時は出品制限とは表記されません。

しかし、出品制限中であっても、「入札」「評価」「取引ナビ利用」「出品者への質問」はできます。

出品制限は、出品を制限されるだけです。


出品制限というペナルティを受けてしまう理由としては、1つ目は著作権の侵害、2つ目は出品商品の数が多い、3つ目は評価が低い段階での高額出品といった例があげられます。

出品制限を受けてしまう最も多い例としては、1つ目の著作権の侵害があげられます。

版権を保有する企業がヤフオクをパトロールして著作権侵害の商品があると、yahoo Japan側に通報をして、出品者が出品制限を受けるというケースが多いです。


次に出品制限のペナルティを受ける理由として多いのが、出品数の多さです。

過去ヤフオクでは毎月に1回くらいの割合で、出品手数料無料のキャンペーンが行なわれていました。

これに便乗して何百点もの商品を出品してしまうと出品停止の処分を受けることがありました。

これは現在も同じで出品手数料が無料になったからといって大量に出品してしまうと同様の処分を受けることがあります。

なぜ大量出品が出品制限などの処分の対象になるのかというと、本当に商品が手元にあるのかということを疑われるからです。


出品制限は処分の中では一番軽いものです。

ですから、出品制限のメールが届いたら、しっかりとyahoo側の質問に答えて、ミスをしてしまった理由を明確に述べることにより、その意見が妥当だと判断されれば出品制限という処分は解除されることが多いです。

出品制限は疑いの段階でも受けてしまうことがあります。ヤフオクを利用の際は、ルールをしっかりと理解した上でご利用下さい。

[ad#oku]

当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ