知らないと損するヤフオクの発送方法のコツ


ヤフオクは出品にかかる手数料や5,000円以上の入札手数料などが無料化されて、市場として再び注目されています。

そんなヤフオクに商機を見出して、副業としてチャレンジしてみようと思っている方、すでに始めた方様々いらっしゃると思います。

私も専業ではありませんが、ヤフオクとアフィリエイトを並行して副業として行っています。

個人で副業を行う場合、意外と面倒かつトラブルになりやすいのが、商品の発送方法です。

そこで今回は、「知らないと損するヤフオクの発送方法のコツ」をこっそりお教えします。

1.ヤフオクで使える配送方法
2.どんな時にどの配送を選べば良い?
3.クレームにならない梱包方法
4.発送時に気をつけること
5.メール便の注意点


1.ヤフオクで使える配送方法

ヤフオクでは出品者と落札者の間で自由に配送方法を決めることができますが、多くの場合、ヤフオクで標準的に用意されている配送方法が使われます。

ヤフオクの標準的な配送方法には、はこBOON、ゆうパック、宅配便、メール便などがあります。

これ以外にも、様々な配送方法を利用することができますが、落札者のことも考えると一般的な配送方法を準備しておくとよいでしょう。


2.どんな時にどの配送を選べば良い?

では、どんな時にどんな配送方法を選べばよいのでしょうか。

あくまで私の場合ですが、基本の配送方法をはこBOONとし、ゲームソフトなど小さいものの場合、メール便も選べるようにしています。

まず、基本の配送方法を一つに絞ることで、配送時の手間をできるだけ削減することができます。

これは単純に一つの配送方法を使い続ければ、勝手が分かって、作業をどんどん効率的にすることができるためです。

私が使っているはこBOONは、全国のファミリーマートから配送できます。

はこBOONは、あらかじめネットで自分の情報を登録しておき、落札者が決まったら、落札者の住所などをネットで入力します。

そうするとあとはファミリーマートにあるファミポートと呼ばれる機械で操作して、レジで伝票を出力してもらうだけです。

このとき出てくる伝票にはあらかじめ送り先や配送元の情報が入っているため、余計な手間が掛かりません。

お金も店頭で払うこともできますが、Yahoo!ウォレットやネットバンクなど色々な決済方法が選べます。

あと、意外とうれしいのが、はこBOONの利用でT-POINTがたまることです。

なお、配送自体はヤマト運輸が行いますので、ネット上で商品の追跡も可能です。


3.クレームにならない梱包方法

ヤフオクの出品商品の梱包は手を抜くと、商品の破損につながり、クレームになりかねません。

梱包は「丁寧すぎるくらい丁寧に」を心に留めて行うとよいと思います。

私の場合は、近くの梱包資材屋さんで、プチプチをあらかじめ仕入れておいて、それに包み、段ボールに入れて送ります。

商品よりも段ボールが大きめの場合、中で動かないように、段ボールの底面にガムテープで貼付けるなどして固定します。

さらに、段ボール自体もガムテープで頑丈に補強して万全を期します。

大げさかもしれませんが、このくらい丁寧にしておいて問題ないでしょう。


4.発送時に気をつけること

発送時に気をつけることですが、はこBOONや宅配便を使う場合、伝票番号を必ず取得するようにしましょう。

コンビニのレジでもらえる配送伝票の控えに記載してあります。

また、はこBOONの場合、コンビニでの配送処理が完了したタイミングで、登録しておいたメールアドレスに伝票番号の入ったメールが届きます。

この番号はアナタ自身が使うというより、落札者への発送完了連絡時に教えてあげるとよいかと思います。

伝票番号を教えるので、後は自分で配送状況を確認してもらえば、アナタに余計な問い合わせが入らず手間を省けます。


5.メール便の注意点

最後にメール便についての注意点を記載します。

ヤフオクのトラブルで意外と多いのが、メール便での商品紛失です。

通常の配送方法には保険が付いており、商品紛失の場合、商品代金が補填されます。

しかし、メール便の場合、配送料金が安い代わりに、保険がありません。

ですので、メール便は用意するものの、アナタから積極的に勧めるのではなく、商品紛失リスクを知らせた上で、あくまで落札者の希望がある時のみにしましょう。

[ad#oku]

当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ