治験のバイトは危険?それは種類にもよるでしょう

06

治験というバイトに興味を持っている方の多くが感じる事でしょうが、治験のバイトには危険が無いものなのかどうかが一番気になるところではないでしょうか。

その気持ちは確かにわかります。

治験イコール薬の効果を確かめるというイメージが非常に強いですので、どうしても治験をすると危険が伴うのではないかと考えてしまうものなのです。

そこで今回は治験のバイトが果たして本当に危険なのかそうではないのかについてを調べました。




治験のバイトとはそもそもどういうものなのか?

治験というのは確かに治療に使うための薬を実際に飲んで調べるというのがお仕事です。

当然認可がおりていない薬を飲む事になるので危険が伴うのでは?と感じるようですが、実は日本では治験に使われる薬はすでに使われた事があるものばかりです。

新薬とは言っても他の製薬会社が使っている成分を入れた薬を作ったので、認可が必要だから治験をお願いするというものがほとんどなのです。

ですので危険はほとんど無いといわれているのです。治験とはそういうバイトなのですね。

しかも治験はお仕事として考えるのではなく、あくまでボランディアですからバイトという考え方もされてはいません。ただ治験を受けると報酬を得る事ができるという事なのです。


治験のバイトで危険なものはほとんどありません

もちろん海外ではもっと治験が多くて、中には手術をしなくてはならないものもあります。それってどうなの?と思うようなものもたくさんあります。ですが実際に日本ではそのような治験はほぼ行われていません。

ですから日本で治験を受けるのであれば、それほど危険なものはないという事になります。

ただし!確かに危険が伴うのでは?と疑われる治験も確かに存在している事は事実でしょう。例えばすでに病気の人が実際に治療をする治験です。

例えば糖尿病の患者さんに治験をお願いするケースです。

効果が期待できる薬を誰よりも早く体験できるのは良いのですが、中には副作用の問題もあるのも事実なので、副作用により海外では死亡者が出ているというものもあるにはあると言いますね。

ですが現段階ではそれほどの危険のある治験のバイトは無いと言えるでしょう。

ですが完全に信じきるのではなくある程度の危険は覚悟しつつ治験のバイトを受けるようにすると良いかもしれません。

危険を承知でもつい手を出したくなるのが治験のバイトなのですよね。


おすすめの稼げる治験情報サイト

[ad#try]

当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ