治験バイトの体験談で何がわかるのか?

meeting_06

治験バイトに興味があるけれ二の足を踏んでいる方はたくさんいると思います。その理由は「治験に参加する方法がわからない」「治験バイトは怖いイメージがある」などなど色々とあるようですね。

というのも治験バイトというのは意外と秘密が多く、実際に参加した人も情報を漏洩する事は難しいため、治験バイトの本当の実態というのがなかなかつかめないという事が理由となっているのではないでしょうか。

そこで気になるのが実際に治験バイトをした事がある人の「体験談」です。体験談はブログやサイトや掲示板などに色々と書いてありますが、その多くは安全性の高いものが多いという事や、本当?と思うような情報が多いですね。


1.治験バイトの体験談からわかる治験

体験談の中で一番多いのが「退屈だった」という事。確かに病院に数日間入院をして薬を飲んだり注射したりして、定期的に血液を採取するというものが多いので、とにかく病室に閉じこもり状態になってしまう事が多いです。

すると当然ですが「退屈」という言葉が最初に出てしまうのですね。それと治験バイトの場合は一人が参加するというものはほとんどありませんから、当然他の治験バイトの方と一緒に同室になる事もあるでしょう。

この他の参加者と一緒に入院しているという事が非常に大変だったというケースが多いのも事実ですね。つまり同室になるためには同性でなくてはならないため、多くの場合は男性のみもしくは女性のみで集める事になるわけです。


2.体験談からわかる治験バイトの報酬について

治験バイトの場合は入院しながら治験を行うので、治験の内容によっては謝礼の金額も違ってくると言われています。やはり治験バイトではちょっと大変な治験の場合には謝礼が高く、比較的楽な治験の場合は謝礼が安いという事もわかります。

実際に体験した方の意見というのは大変参考になるものなのですね。治験バイトに参加した方の意見を総合すると、次のような事がわかります。


3.治験バイトの体験談からわかる事


・インターネットで募集している治験バイトは安全性の高い物が多い。
・治験に参加した時は他の参加者も同室の事がある。
・入院日数や使う薬によって謝礼の金額が違う。
・一度参加した後は休薬期間をおかないと次に参加できない。
・大学病院だとたまに治験を勧められる。

いかがだったでしょうか。治験バイトでわからない事があったら治験バイトの経験者の体験談をしっかりと見てから参加を考えてみても良いかもしれません。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ