治験でバイトをする時の安全はどうなのか?

09f

治験でバイトをするという方が増えていますし、海外でも治験を仕事としている人は意外と多いものです。しかもテレビで特集されたりもしているので、治験でバイトをして高額報酬を得たいと思う人が増えても決して不思議な事ではありません。

さて問題なのは治験でバイトをする事の安全についてです。治験というのは治療の実験をするという目的で人を集めているものですから、当然飲んだ事がない薬を飲んだり(もちろん安全性については保証されています)しなくてはなりません。

そんなバイトですからできるだけ安全についてを追求して欲しいと思うのは不思議なことではありません。そこで治験でバイトをする時の安全についてを少し調べてみる事にしましょう。


1.治験のバイトは一度認可されているものが多いから安全

治験のバイトは内容的に薬を飲んで実験をするというものがイメージとして浮かぶと思うのですが、実はこの薬ですが日本の場合はすでに認可がおりているものや、他の製薬会社が同じ成分で薬を作った時などの効果についてを実験したりする時に行われます。

なので治験のバイト=危険であると考える必要はありません。それに治験の案件によっては飲み薬ではなく塗り薬や湿布だったりする事もあります。なので安全についてはある程度保証されていると思っても良いでしょう。

もちろん糖尿病や高血圧などの治療薬の治験に参加している場合には、薬が合わなくて具合が悪くなるという可能性が全く無いとは言えません。ですがこれらの治験の場合の時も、医師と相談したり健康診断を受けてから参加になるので、安全性は高いものだと言えるでしょう。


2.安全な治験のバイトを紹介してくれるのはどこか?

治験のバイトはやはりどこか体を張って行うバイトというイメージが強いため、どうしても安全とは程遠いような感じがしてしまいますが、実際にはすでにいくつもの実験を終えて安全が確認されたものを使います。

ですから安全の面ではあまり心配する必要は無いと思った方が良いでしょう。もちろん治験も最終段階になった場合には体質などが関係している場合などもあるので、安全かどうかについては医師と相談をしながらという事になります。

ただし一般の方々が参加するような治験の場合には危険性は無いと言われていますが、もしも不安を感じた場合には医師と相談をしながら参加不参加を決めると良いでしょう。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ