治験は報酬という考え方はしない!だから税金がかからない

04

治験を副業やバイトとして考えている方の多くは、治験だからこそのこの利点を最大限に利用しているのではないでしょうか。

というのも実は治験といのは報酬が出たとしても、その報酬には一切税金がかからないものだからです。

通常は何らかの報酬を得る事になれば、当然相手にも報酬を払ったとして市役所などに届け出をする事になるわけです。

そうなると当然ですがその収入に対しての税金というものがかかってくるわけです。

ところが治験の報酬には全く税金がかからない。これは一体どういう事なのかとても不思議だと感じるかもしれませんが、実は治験というのはボランティアなので報酬とは言わず「謝礼」という形で出されるものなのです。

だから税金が全くかからないという事になるのです。いかにお上であろうとも謝礼にたいして課税はできないというわけです。


治験の報酬は謝礼として相手が出すものである

治験の報酬は原則としてお給料とかバイト料とかとは言いません。

例えば製薬会社がその方の時間を拘束して薬などの治験に協力をしてくれたという事になるため、考え方としては一般市民の方のボランティアという考え方をするものです。

当然ですがボランティアは無償奉仕ですから、謝礼として相手が出してくれたお金は収入にはなるけれど、税金などの対象にはならないという事になるのです。

だから治験に参加した側からしてみたら、税金のかからないボランティア活動という事になるわけです。

実は企業などでも治験ボランティアというものに対しては、副業として考えるところが少ないために禁止するという事も少ないのだと言われています。

もちろん企業によっては副業とみなされて禁止されているところもある事は事実です。


治験の報酬は無税な上に高額である事が多い

治験が人気が高いのは高額報酬である事が多いからです。報酬の高さは折り紙つきで中には50万円以上というものも当然含まれています。

それが税金が全くかからないというのだから凄いではありませんか。

それで比較的安心で安全なボランティアである事から、副業として治験を始めるという方が多いのも事実です。


治験は高額な報酬の案件がとても多くなっている

最近では特に治験の重要性があるためなのか、治験ボランティアの高額な報酬の案件がとても多くなっているのも事実です。

ただし治験ボランティアに参加するためには参加資格を得る必要があるので、治験ボランティア紹介サイトなどに登録をする必要があるのも事実です。

おすすめの稼げる治験情報サイト

[ad#try]

当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ