治験の種類は思っているよりもかなり多くなっています

13

昔治験のバイトというと薬の認可のためのものが主流で、ほとんどが入院をして薬を飲んで報酬を得るというものが多かったのですが、最近では意外と種類が多くなってきていて、案件の数もかなりの数になってきているのだそうです。

そこで最近の治験の案件の種類についてをリサーチしてみました。


治験の種類は段階と薬の種類とで分けられている

治験を行う時には最低限必要な回数などがあって、治験の種類も募集する人の数もその種類によって変わってくるものだと言われています。

例えば治験の段階は分けると4種類あると言われています。


1.治験の第一段階

最も少ない人数の方を対象に行う治験で、病気ではない健康な人を集めて治験をしていき、薬の吸収にかかる時間や排泄される時間などを調べるのが目的で行われるものです。


2.治験の第二段階

健康な人ではなく薬を飲んだら飲んだ薬の効果が実感できるという方を対象にして、やはり少人数で行われ、この段階で薬の安全性や効き目などについてを調べ、さらに薬をどの程度使えば効果が強いかや何時間ごとに飲めば良いのかを調べます。


3.治験の第三段階

ある程度効果や安全性が確立された薬を、今度は患者さんに実際に使ってみる事になります。

当然安全性とどの程度効くのかや患者さんによって空ける時間などを調べていくわけです。

そのために治験に参加してくれる患者さんを最も多く必要とするそうです。


4.ごく一般的な治験

この治験を経験される方が一番多いのではないでしょうか。一般的にすでに過去に販売されていた薬を再び調べるというものです。

いわゆる臨床試験というものですね。

これらの種類とは違ったものも当然あります。例えば飲み薬の治験であったりする事も多いですが、中には貼り薬だったりする事もあるので、これも治験の種類として分類する事が可能なのではないでしょうか。

ところでよく病院や大学などで治験を募集している事がありますが、この治験は第三弾回または第二弾回の治験である事が多いと言われています。

報酬自体はそれほどないかもしれませんが、治療費がただになるという事が多いです。

中には報酬が出る治験もありますが、治療はしたいのだけど治療費が心配で治療が受けられないという方が進んで申し出る事もあるようです。

なのでもしも最新の治療がしたいという方で治療費に不安を抱えている方にはこうした病院で行われている治験の案件がお勧めです。


おすすめの稼げる治験情報サイト

[ad#try]

当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ