初心者が気をつけたいFXのレバレッジとは?



FX取引をするにあたっては色々な事を知っていないといけない事もあるでしょう。その中でもレバレッジについての基礎知識はしっかりと勉強するべきです。

レバレッジと言われてもFX初心者の方にとっては何のことだかわからないかもしれませんね。レバレッジというのは簡単に言えば保証金というか一定の金額を口座に入れておく事によって、それ以上の大きな取引をする事ができるという方法の事を言うのです。


1.レバレッジを預ける事でどんな事ができるのか?

レバレッジはFX口座によって違いますが、その業者の規制で決まった倍率で取引をする事ができ、大金がなくては取引ができないという事がないため人気が高いわけです。

例えば10万円を口座に入れておいて100万円の取引をする事も可能であるという事になるわけですね。これだけ見ればとても良い方法だと思われるかもしれません。

ですが成功すれば確かに利益になるかもしれませんが、成功ばかりするわけではありませんから当然失敗する事だってあるので気をつけたいものなのです。


2.レバレッジは危険を含んでいる事を忘れなければ良い

初心者にとって少ない資金を運用して資産を増やせると思うかもしれませんが、レバレッジには危険も含まれているので注意しなくてはならないのです。

例えば自分が預けたお金以上の取引ができる事になるため、気軽な感じで取引をしてしまいがちですが、もしも損切りをするのを失敗してしまったりした場合、証拠金の間で損失がうまれば良いですが、それ以上の損失が出た場合には追加入金する必要が出てしまいます。

これがレバレッジの良さでもあり怖いところでもあるわけです。ただしレバレッジを使って失敗してしまうから初心者には向かないと言うのではありません。

要するに引き際と取引の金額を自分で考えて取引をすれば良いのです。何だってそうですが取引をしたからそのままにしておく事はできないので、どこで買いどこで売るのかを見極める目が必要になるというわけなのです。


3.レバレッジで注意するのは通貨単位です

レバレッジを利用して取引をする場合に注意したいのは業者によってレバレッジの倍率が違う事、そして取引をする時には通貨単位をしっかりと考えて取引を行う事です。

この二つさえ間違わなければレバレッジを使ったFX取引は資産を増やすという点で言えば、ダントツに良い方法でもあるので、やはり勉強をする事は大事であると言えるのではないでしょうか。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ