スマホでもOK!写真販売の副業でがっぽり稼ぐ方法


写真が趣味でカメラやスマホに撮りためた写真がたくさんある。その写真がお金にならないか考えたことはないでしょうか?

実は、デジカメやスマホで撮った写真を販売する副業がある。素人が撮った写真なんて、大して儲からなそうに思うかもしれません。

しかし、この写真を販売する副業、月に30万以上も副収入を得ているアマチュアの方もいるとのことで、写真販売はもはやプロカメラマンだけの収入源でなくなったということでしょう。

では実際にどうやって写真を販売して収入を得ることができるのだろうか?今回はそんなスマホで撮った写メでもOKな写真販売の副業を紹介します。

1.写真で副業するには
2.おすすめの写真販売サイト
3.サイトの登録から販売まで
4.写真販売サイトで売れる写真


1.写真販売で副業するには

写真で副業するには、自分でショッピングサイトを作って販売したり、写真の撮影代行を行ったりいくつかありますが

自分で作ったサイトは、サイトを作る手間がかかったり、決済も面倒で、写真の撮影代行は、自分で営業を行わなければならなかったり、拘束時間の割に収入が低いなどの問題点があります。

現時点でもっとも簡単で儲かりやすい方法は、写真販売サイトをつかって販売することでしょう。


2.おすすめの写真販売サイト

写真の販売サイトは、素人からプロまで様々な写真が登録してあり、それを企業や個人に販売するサイトです。

販売サイト自体は、非常にたくさんあります。最近、多くのメディアで報道されたことから新規参入が増えているといわれています。

しかしどのサイトを選んでも稼げるかというとそうではありません。実際には、販売者と購入者が多く集まっているサイトでないと売れません。

そこで、下記に稼ぎやすいおすすめサイトを記載しておきますので、参考にしてもらえればと思います。

①PIXTA
②photolibrary
③Paylessimages


3.サイトの登録から販売まで

今すぐ写真販売の副業を始めたいという方のために、サイトへの登録から、実際の販売までの流れを簡単に説明します。


①写真販売サイトに販売者登録をする
②利用規約確認(場合によってはテストなどを受ける)
③写真を審査に出す
④審査通過すると販売スタート
⑤販売額の一定額が報酬となる
⑥最低換金額に達すると口座に振り込み


4.写真販売サイトで売れる写真

販売サイトに写真を登録したからといって、どんな写真でも売れるわけではありません。

写真販売サイトで売れない写真の特徴として、「誰にでもとれる写真」ばかり扱っていることがあげられます。

とはいえ、慣れるまではどういった写真が売れやすいのか判別するのは難しいと思います。

しかも、写真販売サイトの審査は意外と厳しいので、全てが通るとはかぎりません。

そこで、とりあえず、スマホやPCの中にある著作権上問題のない写真を片っ端から申請するのがいいと思います。

その後、売れ行きのよい写真を分析して、似たような写真を販売していく。これが写真販売の副業で収益をえるコツです。


5.写真販売サイトで売れる写真を撮る方法

写真販売サイトは、登録しておけばどんな写真でも売れる訳ではありません。

確かに様々な写真を登録しておくのは得策だと思いますが、最低限の売れる写真の撮り方は抑えて置かなければ、写真は売れません。

そこでおすすめなのが、写真のプロから学ぶことです。とは言っても、周りにプロ写真家が居る人は少ないと思います。

そんな人は、ネットで買える写真教材で勉強するのが良いでしょう。私がおすすめする写真教材を下記に載せておきますので参考にしてみてください。


  • わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座





    プロが教える簡単にカメラがうまくなるテクニック!


    趣味の写真で副業して稼ぎたいと思いませんか?本教材を使えば、誰でもプロが撮ったような写真を撮影できるようになります。

    プロのような写真であれば、当然写真販売サイトでもがっぽり稼ぐ事ができるようになります。

    それ以上に、大好きな写真がもっとうまくとれるようになるので、アナタのカメラライフがもっと楽しくなるのは間違いありません。


    公式サイトへの誘導ボタン


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ