パソコン1つで誰でもできる!在宅副業図鑑2014


子供が小さいから外でパートができない。会社から帰宅した後の時間を有効活用した。人付き合いが苦手で出来れば在宅でお金を稼ぎたい。など様々な理由で在宅でできる副業を探している人がいると思います。

私の周りにもそういった人は多く、在宅で出来る副業の相談を受けることが増えてきました。そこで今回はパソコン1つで誰にでもできる、在宅副業を集めてみました。

1.ライティング・ネーミング系
2.Web制作系
3.デザイン系
4.翻訳系
5.システム開発系
6.作業系
7.在宅副業の始め方


1.ライティング・ネーミング系

ライティングやネーミング系の仕事は、基本的には日本語の文章が書ければ誰でも始められるので、とても人気の在宅副業です。

文章を書くのが好きな人や仕事でコピーライティングをしている人にオススメです。

ライティングやネーミングは需要が一定なので、ある程度安定した収入を得ることができます。

ただし、WEBライティングは単価が安いため、得意のジャンルの専門性を高めて、単価を上げる努力が必要です。

このジャンルに在宅副業には下記のようなものがあります。


ネーミング

商品名や会社名などのネーミングを考える仕事です。
かなりのセンスとコピーライティングのスキルが必要でしょう。

コピーライティング

商品のキャッチコピーや商品やサービスを売るためのセールスレターなどがこれにあたります。
コピーライティングの経験がものを言う副業です。

記事作成・ブログ・体験談

このジャンルでは一番一般的なのが、ブログやサイト用の記事作成です。
基本的な文章が書ければ始められるので、とりあえずこのジャンルは記事作成から始めるとよいでしょう。

リライト・編集・校正

本業で編集などをしたことがあれば、リライト、編集、校正当たりはお手の物でしょう。
日本語の正しい使い方や文章をより分かりやすくするスキルが必要なので、初心者には若干ハードルが高い仕事になります。

メルマガ執筆

コピーライティングに近い性質なのがメルマガ執筆です。
メルマガは純粋に読者のためになるコンテンツや、商品を売り込むためのセールスコンテンツなど幅広い文章を書ける必要があるので、実はかなり難易度が高いです。

シナリオ・脚本・小説

作文が好きだという人は、このシナリオ、脚本、小説の執筆の副業がよいでしょう。
このジャンルの仕事には、今話題のソーシャルゲームのシナリオ作成や、携帯小説の執筆などがあります。
ただし、募集自体が少ないので単品で在宅副業のメインとするのは難しいかもしれません。

論文・レポート・資料作成

プレゼン用の資料作成や、特定のテーマに関する論文の作成がこのジャンルのメインの仕事内容です。
本業でプレゼン資料をよく作る方や、学生時代に論文をかなり気合いを入れて書いたという人はこのジャンルがオススメかもしれません。


2.Web制作系

ここで言うWeb制作系は、裏側のシステムではなく、ホームページのデザインや、スマホサイト作成、ブログの運営などがあります。

やや専門的な知識が必要なため、ライティングよりも単価が高めになる傾向にあります。

Webデザイン、コーディング、SEOなどのWebマーケティングが出来る方はこのジャンルに挑戦してみましょう。


ホームページ・Webデザイン

Webサイトのデザインから簡単なコーディングまでがこの副業の業務内容になります。
自分で1からWebサイトが作れるというWebデザイナーはこの副業がピッタリでしょう。

スマホ・モバイルサイト

今急激に需要が増えているのがスマホサイトの作成です。
基本的にはPCサイトのデザインからコーディングができれば、こちらも視野に入れてみましょう。

ECサイトの運営・更新・保守・CMS導入

Yahoo!ストアの出展料無料化の流れもあり、需要が増えているのがEC系の仕事です。
これからECを始めてみたいけど、何から始めて良いか分からないといった人は、ECを運営している人の依頼から始めてみるのもよいでしょう。

バナー・アイコン・ボタン

がっつりWebデザインは出来ないけど、パーツくらいなら。もしくは、これからWebデザインを始めたいという人は、バナーやアイコンの作成から始めてみてはどうでしょうか?私もWebデザインはバナーから始めました。

ランディングページ

リスティング広告からのとび先や、情報商材販売などでランディングページの需要はまだまだ存在します。
ランディングページ作成には、セールスレターごと依頼を受ける場合や、デザイン、コーディングのみなど様々なタイプがありますので、アナタのスキルにあったものを選びましょう。

HTMLコーディング

HTMLのコーディングが得意な方は、様々なWebサイトのコーディングを専門に副業を行うとよいでしょう。
最近はスマホサイトやWordPressの需要が高まっているので、HTML5やPHPなどの言語も合わせて習得しておくとよいでしょう。

SEO・SEM・集客

仕事でWebマーケティングを行っている人は、SEO、SEMなどの集客の分野を副業とするとよいでしょう。
特にSEOは、一時期までの外部施策による対策が効果がでなくなっているので、コンテンツマーケティングを中心としたSEO対策を行える人の需要は高くなっています。

ソーシャルメディア・SNS

FacebookやTwitterなどソーシャルメディア関連の仕事も需要が高まっている分野の一つです。
一口にソーシャルメディア関連と言っても副業としての幅はかなり広く、アプリ制作からTwitterの投稿の代行など、自分に合ったものを探してみるとよいでしょう。


3.デザイン系

Webだけでなく、DTPデザインやグラフィックデザインができる方は、デザインの分野を副業とするとよいでしょう。

デザインは何をするにも発生し、質の高いデザインができれば、それだけ単価も上がりますので、高収入が期待できます。

ロゴ

新しく企業やサービスを作る際にはロゴが必要になります。
ロゴはかなり長い間その企業の様々な場面で使われるため、副業の収入以上にとても満足感の高い仕事になるでしょう。

イラスト・キャラクター

デザイナーのなかでもちゃんとしたイラストやキャラクターが書ける人は多くなく、また、スマホアプリのゲームキャラクターの需要も多いため、スキルさえあれば、継続的に収入を得ることの出来る在宅副業になるでしょう。

看板・のぼり・名刺・カード・封筒・はがき

看板や名刺のデザインも会社を始めるときに必要になるので一定の需要が見込める仕事になります。
ただし、この分野はライバルが非常に多いので、仕事をとるのはそれ相応のスキルが必要になってくるでしょう。

カタログ・パンフレット・チラシ・ポスター

カタログやパンフレット、チラシなども需要の高いデザイン系の副業分野ですが、上記の看板や名刺よりもライバルが少ないため、スキルや実績が上がってくるまではこちらを中心に経験を積むとよいかもしれません。

パッケージデザイン

様々な商品のパッケージのデザインもその商品がヒットすれば自分のデザインが広く出回ることになるので、報酬以上に満足度の高い副業になるでしょう。

Tシャツ・プリント

イベント用のTシャツなどのプリントもデザイン系の副業ではライバルの多い人気のジャンルです。
こちらは、専門的なデザインスキルを必要としないことが多いので人気があるようです。

プロダクトデザイン・CAD

かなり専門的なスキルを習得していないと行えませんが、プロダクトデザインやCADも副業として在宅で行うことが可能です。
ただし、仕事の募集自体が多くないので、一度請け負った依頼主から継続的に仕事を受けるようにする必要があります。

グラフィック・DTP

グラフィックデザインやDTPデザインは仕事ごとに必要とされるデザインスキルのレベルがことなり、ハイレベルなものになると、プロのデザイナーでないと手に負えないような仕事も多くあります。
デザインスキルに自信ある人はいきなりここから始めてみてもよいでしょ。


4.翻訳系

日本経済の縮小・停滞に伴って、海外進出を目指す企業が増えてきました。また、日本人は日本語以外の外国語に苦手意識が強いため、翻訳の仕事は副業でも行えるくらい多種多様に存在します。

代表的な翻訳言語は英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語となっており、一番仕事が多いは当然英語です。

一昔前ではなかったことですが、誰でも知っているような大手企業が、在宅の副業翻訳家などに仕事を依頼することが増えてきています。

これはコストの問題で、社内で専属の翻訳家を抱えるより、仕事が発生するたびに外注した方が結果として安くすむことが多いからです。

そのため、個人の翻訳家にびっくりするほど大きな翻訳の仕事が回ってくることもあり、非常に楽しい副業になるでしょう。


5.システム開発系

仕事でSEやプログラマーなどシステム開発系をしているのであれば、空いた時間も在宅でシステム開発の副業を行いましょう。

特にスマホアプリの開発案件は山のようにありますので、余力があればこの辺りの専門知識を付けるとよいでしょ。


Webシステム

Webシステムの開発には、データベースなどの仕組みを使うサイトの作成や、Webサービス、Webアプリケーションの開発など様々な案件があります。
その分、開発工数や単価も様々なので、アナタのスキルや副業に使える時間に合った案件を選びましょう。

iPhone・iPad・Androidアプリ開発

今非常に勢いがあるのがスマホアプリの開発です。
少し前までスマホアプリと言えば、iPhoneアプリでしたが、今ではiPadやAndroid端末など複数のデバイスで使えるアプリを作れる人の市場価値が高まっています。

携帯アプリ開発

スマホの登場で下火になっているのが、携帯アプリの開発です。
しかし、下火になっているということは、競合も少ないため、意外と狙い目かもしれません。
手の空いたときに案件を調べてみると意外な掘り出し物案件があるかもしれません。

業務システム・ソフトウェア

昔から安定した人気があるのが、業務一般に関わる様々なシステムやソフトウエアです。
最近では、2chの情報を自動で引っ張ってくるツールの開発など面白い案件も多いので、色々見てみるとよいかもしれません。

VBA・マクロ・CGI

VBAやマクロは様々な運用業務を効率化できる仕組みのため、業務システム・ソフトウェアと並んで根強い人気のある分野です。
仕事でマクロを触る機会の多い方などは試してみてもよいでしょう。

ゲーム開発

「パズドラ」で一躍メジャーになったソーシャルゲームが、ゲーム開発で今最も多い案件となっています。
普段からゲームをよくするエンジニアの方はこの分野に携わっていると本業や転職の際に役に立つことが多いでしょう。

サーバ構築・保守

ニーズが多い割に開発エンジニアが多くないのが、サーバ構築・保守の分野です。
依頼する側が単価の見積もり方が分かってことが結構あるので、工数の割に単価の高い案件など掘り出し物も多く、この分野の知識がある人であれば副業でチャレンジすると結構よい報酬が見込めるでしょう。

6.作業系

すごく特別なスキルはないけど在宅で副業を始めたいという方は、作業系から始めてはどうでしょうか?

作業系の副業は特別なスキルは必要ないけれど、非常に地道に作業できればちゃんとお金になるものがそろっています。


調査・分析・統計

作業系の仲でも少し特殊なのが、分析や統計が伴うものです。
今までに本業などで少しでも分析や統計をやったことがあれば、この辺りに手を出すとよいでしょう。
専門的なスキルが入ってくるので、他の作業系の副業よりも高収入を狙えます。

データ収集・入力・分類・整理

ひたすら単純作業をするのが得意という人にオススメなのが、データの収集から整理までの作業です。
とにかく根気がいる作業なので忍耐強く単純作業を行うことが必要ですが、仕事自体の難易度は低めなので、誰にでも手を出しやすい分野です。

判断・チェック

細かい作業やチェックが得意な方は、こちらを選ぶとよいでしょう。
この分野には、文章の誤字脱字をチェックしたり、Webページの内容の評価などがあります。
評論家になったつもりで作業を進めましょう。

テキスト入力

タイピングだけは誰にも負けない!という人は、テキスト入力の副業が向いているかもしれません。
名刺のデータ化などかなり地味な作業ですが、タイピングスピードが早い方ですと結構よい収入になるでしょう。

閲覧・データ登録

商品情報を登録したり、Webサイトが正しく表示されているかを閲覧したりするのが、この副業のメインの仕事になります。
空いた時間にやりやすい副業なので、在宅で時間ができたときにコツコツやるのがよいでしょう。

テープ起こし

耳には自信あり!という人は、音声データのテキスト化の副業に挑戦してはどうでしょうか?
副業の収入だけでなく、普段は聞けないような講演やインタビューなどが聞けるという楽しみもあります。

クチコミ・レビュー・アンケート・モニター

ネットショッピングが好き!もしくは収入よりもまずは楽しみながら在宅で副業をしたいという方は、クチコミやアンケート、モニターなどがおすすめです。


7.在宅副業の始め方

ここまで様々な在宅でできる副業を紹介してきましたが、実際にこういった副業を始めたいという場合、どこで仕事を探して、どのように始めたらよいのでしょうか?

私はクラウドワークスやランサーズのようなお仕事マーケットプレイスに登録して仕事を探すのがよいと思います。

副業を始めたばかりのころは、自分一人でお客さんを見つけて、仕事の依頼を受けるというのは難易度が高いため、まずはクラウドワークスやランサーズのようは在宅副業向けの仕事が集まっている場所で仕事をこなしつつ、実績や自信が付いてきたところで、直接お客さんを見つけるというのが成功率が高いでしょう。


オススメのお仕事マーケットプレイス

[ad#so]

当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ