副業をプログラマがしたら高額収入になった例もある

Desk_06_-01

プログラマの方といったら一般人には理解ができないような事がたくさんできて、すごく頭の良い方々というイメージがありますが、確かにそれは事実かもしれないと副業の収入を見て感じます。

例えばプログラマの方々の中には副業で「スマホアプリ」の「開発」をしてヒットをさせ、副業の報酬が本業の報酬を超えてしまったという方もとても多いのだそうです。

ただしプログラマの副業の場合は良い点と悪い点があるので注意が必要でしょう。




1.副業プログラマの需要は高いか低いかどっち?

副業をしているプログラマの方多いと聞きますが、実際に副業をしようとしているプログラマの方の話を聞いてみると、副業をしようとしているプログラマを雇う企業は意外と少ないという答えが帰ってきました。

意外と別の企業での副業というのは難しいのかなという感じは受けます。

もちろん副業の仕事の請け方に工夫をすれば問題は無いと言える部分もあります。

企業へ副業で採用してもらおうとするのではなく、最初から副業としてプログラマを探している企業を探せば良いのです。それができるのがランサーズなどです。

こうしたところは基本的に副業であるという事がどこかにあるので、募集をしている企業の方もそれほど副業プログラマだという事を指摘する事はないのではないでしょうか。

実際にプログラマが副業で仕事を請けて稼いでいるケースは非常に多いですし、単価も納得がいくかどうかは別として良い方だと言えるのではないでしょうか。


2.より確実に副業で稼ぎたいのなら自分で製品を作って売る

プログラマなのですからアプリなどを開発しても良いでしょう。現にスマホアプリの開発を副業で行いヒットを出して稼いでいるという副業プログラマはごまんといます。

スマホ用のアプリはソフトウェアを開発するよりも率が良いという話もあります。

どちらの方がより稼げるのかというのはプログラマの方の感じ方の問題であるとも言えますが、企業の仕事を請け負って副業をするよりも、自分でプログラミングをして開発をして売る方が自由度が高く、儲けも大きいと言えるのは事実かもしれません。

このようにプログラマが副業をしようと思った時、やはり色々と問題があるというのは事実のようですが、やり方によっては個人で仕事をした方が良いのでは?と思うくらい稼げる人が出てくるのもまた事実だと言えるかもしれません。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ