翻訳の副業をするなら英語以外もできる方が良い

594326

翻訳で副業を考えている。そんな方も意外と多いのではないでしょうか。例えば家庭環境によっては子供の頃から海外で暮らしているという事はよくある事です。

現代社会では特に珍しい事でもありませんから、自分が使う事ができる言語が多いならその語学力を活かした仕事を選ぶのはむしろ当然の事ではないかと言えます。

さて、翻訳を副業として考えた場合ですが最も多いのは「韓国語」「中国語」「英語」ではないかと思うのですが、実は韓国語と中国語に関してはあまり翻訳の報酬は高くないというのが現実です。

ですからできたら他の言語での翻訳をする事が望ましいのではないでしょうか。今回は翻訳で副業をするのなら何語が稼げるのかについてを考えてみました。


1.翻訳で副業をするのなら最低限は英語がわからないとダメ

翻訳の仕事というのは翻訳する国の言葉によって単価が違うのが現実です。

例えば中国語や韓国語の翻訳ができたとしても、日本語で記事を書くのとそれほど差があるとは言いがたいです。

日本語の記事のライティングでも単価の高いものは翻訳をするよりも高いものもあります。

ですから最低限英語の翻訳ができた方が良いという事になるのかもしれません。

もちろん最近では英語が話せる事が就職の条件になっている企業もありますから、翻訳の仕事もそれほど多くはなくなってくる時代がくるのかもしれません。

ですが翻訳の仕事を副業とするのならば最低限英会話ができて読み書きができた方が良いでしょう。


2.最も翻訳の単価が高い国の言葉はいったい何語か?

現在世界中で注目を集めているのが「アラビア語」圏内の言葉の翻訳です。実は英語の翻訳の10倍とも言われています。

最低で1記事「1,2000円」というから破格のお値段ではありませんか!実はアラビア語の翻訳をする人は意外と少ないのに需要が高いので、翻訳を副業とするのならばアラビア語など特殊な国の言葉の方が良いという事になります。

アラビア語なんて難しくて無理だと思うかもしれませんが、スクールに行かなくても最近ではアラビア語のレッスンの番組などもNHKで行われているので、そうしたものを利用して勉強したり辞書などもあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

実はアラビア語というのは意外と勉強してみるとわかりやすかったりするのです。意外と独学でも覚える事ができるものかもしれません。

つまり総合的に考えると翻訳を副業とするのならばアジア圏内でもベトナムとかインドの言葉、アラビア語やペルシア語などを勉強した方が良いという事になるのかもしれないですね。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ