副業で得られた利益の確定申告のコツ



サラリーマンでもインターネットを通じて稼ぐことができる副業ですが、たとえ副業であったとしても利益を得たのであればそれは確定申告をする必要があります。

しかし、サラリーマンとして働いている人の中には副業を会社側より禁止されていることも多いので、今回はサラリーマンで副業をしている人にオススメの確定申告のコツを紹介します。


副業の確定申告の基本

まず会社員の場合、確定申告はいくらからすれば良いのかになるのですが、たとえ副業による収入があったとしても20万円を超えない限りは確定申告の義務はありません。どうしても確定申告をしたくないという人は20万円以下になるように副業の収入をセーブすると良いです。

副業の収入が20万を超えた場合、その収入は課税の対象になります。

ただし、課税の対象は売上ではなく利益になりますので、副業をするにあたってかかった費用や仕入れ原価を確定申告で計上すると、課税される金額も小さくなります。

そのため、副業で稼ぐ際に発生した費用については逐一領収書を保管しておくことをオススメします。


サラリーマンにオススメの普通徴収

領収書を保管することで課税される金額を減らすことができるのですが、副業をしていることを会社に内緒にしておきたいのであれば、確定申告の際に普通徴収を選択することをオススメします。

普通徴収を選択すると副業によって発生した税金の請求が会社ではなく、直接自分宛にくるので、会社には秘密に副業で発生した確定申告を行えます。

サラリーマンの副業として20万円以上稼ぎますと、このような様々な対策をたてることが必要になってきます。

インターネットの副業は始めた当初はそれほど大きな収益にはならないといったデメリットがありますが、時間をかけてノウハウややり方、知識を習得しますとやがて課税対象となる金額にまで簡単に増えてしまいます。

そのため、副業をしている会社員の中には確定申告時のノウハウが必要になることが多いのですが、それは専業として副業をしている人も同様です。


副業を本業としたときの確定申告

専業でアフィリエイトなどの仕事をしている人の場合、課税対象となるのは年間で38万円を超えてからになります。

報酬が発生した以上、確定申告をしないといけない義務が発生しますので、人によっては面倒に感じることもありますが、個人事業主として確定申告をすると最大で65万円の所得控除が受けられるので、実はメリットもあるのです。

副業の収入があまりにも高くなるとデメリットよりもメリットの方が多くなる確定申告を始めるにあたり、一番良い方法は専門家に任せることです。

初めての副業による収益をどのように申告したらよいのかで迷ったときには、すべてを自分でやらず、プロの会計士に依頼するのも賢い方法になります。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ