マイナンバー制度で副業が会社にバレる?気になる疑問に答えます

2015年10月からいよいよマイナンバー制度が始まりますが、もしも副業をしているという人はこれまでは何とかうまくやってきたけれど、今後はどうなってしまうのかと不安になる方もいるでしょう。そこでバレるかバレないのかについてを調べてみました。


マイナンバー制度ってそもそも何か?

まずはマイナンバーというのがどういうものなのかについてを簡単に説明すると、国が国民ひとりひとりがどのくらいの収入があるのかを、確実に把握して確実に税金を取るために作った制度です。

ひとりひとりに12桁の数字が割り当てられ、仕事をするにも何をするにもそのマイナンバーを利用する事になるわけですね。収入はもちろんですが全てを国に管理されてしまうという事になるのです。

企業に勤める時にはマイナンバーを利用する事になりますが、当然副業をする時にもアルバイトをする時にもマイナンバーを利用する事になるわけですね。そうする事で国は「本業をしているけど副業もしている」というように収入がわかるようになるわけです。


副業が本業にバレる心配は?

そもそもマイナンバー制度というのは国が国民の収入を全てチェックして、必ず税金を徴収できるようにするための制度ですので、個人が本業をやろうが副業をやろうが関係はありません。

要するに税金さえ取れれば問題はないのですから、これまでどおりに副業をしている事がバレないように確定申告をして、自分で税金を納付するという方法で払えば問題はないはずなのです。

ただし、そうやっていたはずなのに会社に副業がバレてしまったというケースもあるようです。そんな時にはもう一度確認をしてみて本当に自分で払うになっていないかどうかをチェックしてみてもいいですね。


プロに依頼する事もできる

最近では副業が会社にバレないようにするための手続きを、プロがやってくれるというサービスもありますよね。稼げる副業をしているのならばプロにお任せしてみてもいいかもしれません。

ただし本当に稼げる副業をしていないとお任せするのはおすすめできません。というのも会計士などに依頼すると意外とコストが高くなってしまう事があるからです。

だからこそ本業と同じくらいか本業よりも稼げる副業をしている方の場合には、会計士などに依頼をして本業にバレないように手続きをしてもらうというのがいいのです。

以上の事からわかるように、2015年10月から実地されるマイナンバー制度によって、会社に副業がバレてしまうという危険度は低い事がわかりました。

なのでこれまでどおり会社にバレないように自分で手続をする、またはバレてしまった時に穏便に済ませる事ができるように根回しをするなどをすると良いのではないでしょうか。

またはもしも会社にバレてしまった事が問題となった場合に、会社を辞める事になっても困らないような、稼げる副業を見つけておくというのも必要かもしれませんね。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ