副業を禁止されている会社員がすべき事とは?

世界中で不景気となった今、会社の給料だけでは生活ができない!という人もいますよね。そんな時に副業を禁止されている会社員は何もできないのでしょうか?もしもタブーを冒すとしたらどうすればバレないのかを調べてみました。


思った以上に収入が上がらない時代

高度成長期は頑張れば頑張っただけお金になったけれど、最近は物が溢れている時代ですし世界的な不況によって日本もかなり経済が低迷している状態ですよね。

だからでしょうが、頑張っても頑張っても収入はなかなか上がってはくれません。しかも企業も人件費を削減したいという考えがあるのでどうしても昇給をしにくい時代というのは事実です。

そこで多くの会社員の方が考えるのが「稼げる副業を探す事」です。実際に多くの会社員の方々が稼げる副業を探し、実際に副業を行っている方もかなりの数いらっしゃいます。

ところで副業を禁止されている企業で働いている会社員は本当に副業をする事ができないのでしょうか?


会社にバレないように副業をするには?

副業を禁止されている会社員でも背に腹は変えられませんから、副業をしている人はしているものです。でも会社にバレないように副業をしているのは事実です。

ではどうやって会社にバレないように副業をする事ができるのかというと、確定申告をしっかりとして会社に他で得た収入がバレないように努力と工夫をしているのです。

だからバレずに稼げる副業をする事ができているのですね。


副業で確定申告をする時の注意点

副業をする時には注意しなくてはならない事があります。それが確定申告なのですが確定申告が必要なのは、1年間で20万円以上収入があった場合です。

つまり副業で稼いだ収入が1年で20万円未満の場合は確定申告をしなくても良いという事になり、それ以上の収入がある場合には確定申告をしなくてはならないわけです。

ところが確定申告をしていても会社にバレてしまうという話を聞いた事がありませんか?実はあれは確定申告をした時に、住民税に関す事項という部分に項目で、自分で納付を選択しなかったからだと言われているのです。そこさえミスしなければ大丈夫のはずです。

ただし、役所がついうっかりという事もあるので一応確定申告で自分で納付するにしたという事を確認し、さらに電話などでも役所で確認をするといいですね。

そうすればついうっかり会社の方に請求してしまったという事がありませんので、会社にバレる心配はまずないでしょう。


稼げる副業をするのならプロに依頼してもいい

もしも本業と同じくらい稼げる副業をしているのならば、思い切ってプロに確定申告を依頼してもいいでしょう。そうすればうっかりミスをする事もありません。

確実に両方で収入を得るためにはある程度工夫は必要になるという事になりますね。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ