会社員が副業をした時の税金の疑問解決まとめ

もしも会社員が副業をしたとしたら副業で得た収入からも税金を引かれてしまうのでしょうか?せっかく得たお金だからこそ知っておきたい疑問点についてを調べてみました。トラブルを回避するためにもまずは知っておくべき事からお話しています。


副業と税金の関係について

会社員の多くは現在の自分の収入に満足しているとは言えません。昭和や平成の初期の時代とは違って現在は不況で会社員の収入は横ばい状態で、いつ収入が上がるのかなんて何も補償がないのです。

そこで考えるのが副業をして少しでも生活を楽にしよう!少しでも将来のために貯蓄しようと考えるわけですよね。では実際に副業をしようとしたらどんな事に疑問を感じるのでしょうか?


副業で税金は払う必要があるのか?

よくある疑問が「副業をしたら税金は払うのか?」という問題ですが、実際に働いている本人としては必死に働いたのだから、副業まで税金で持って行かれたくないという思いなのはわかります。

ですが個人の収入ですから合算して計算するので残念ながら税金を支払わなくてはなりません。つまり税金対策をしなくてはならないという事になるのです。


副業の種類によって税率が変わる?

注意したいのは副業という言葉です。例えば一般の人は会社での仕事を本業と呼び、会社に内緒でしている仕事は副業という言い方をしますよね?ですが役所の項目では本業と副業という項目はありません。

これは確定申告をしてみればわかりますが、給与であったり雑収入であったりと項目がいろいろとあるものなのです。そこでもう一つ疑問が浮かんできますよね。

それは副業の収入がどんな項目に当てはまるのかです。例えば不動産投資などは稼げる副業として有名ですが、不動産投資で得た収入は「不動産所得」として申請する事になります。

また、FX投資や株式投資なども稼げる副業として大人気ですが、この収入の場合には「受取配当金」として区分される事になります。もうわかりますよね?副業の種類によっては税率が変わるのです。


副業を探す時のヒントにする!

より税金が安く済む種類の中から稼げる副業を探して収入を得るようにすれば、税金をより安くする事ができるという事がわかりましたよね。

税金の税率については役所などのホームページで確認できます。

また、副業が禁止されている会社員の方が副業を行う時は、税率よりも確定申告で住民税の納付を自分で納付するようにするなどをして、会社にバレないように工夫をするべきです。

毎月の事なので大丈夫と思っていても、ミスが起こらないとも限らないので定期的に役所などへ確認の電話をしてみるのもいいですね。そうすればうっかりという事がありません。

もしもある程度まとまった稼ぎのある副業であれば、税理士や会計士などに依頼して手続きや申告をしてもらうといいでしょう。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ