マイナンバー制度導入後の副業の確定申告

これから副業をしたいと思っている人は本業にバレないようにするためにはどうすればいいのか不安ですよね。そこで会社にバレない確定申告の方法などについてをできるだけわかりやすく調べました。簡単に説明しています。


いよいよマイナンバー制度が開始します

マイナンバー制度という言葉を最近よく聞きますが、それもそのはず!2015年10月からですから目前ですよね。なぜマイナンバー制度にこだわるのかというと、副業をしている人やこれから少しでも稼げる副業をしようとしている人が本業にバレたらどうしようと思うからです。

ところで本当に副業が本業の会社にバレてしまうのでしょうか?不安に思うかもしれませんが、基本的にマイナンバー制度というのは個人の収入を国が把握するための制度なので、本業にバレるような事はありません。

ただし確定申告をしなくてはならないという事は忘れてはいけません。また、確定申告をする時に注意しなくてはならない事もあるので、注意すべき点を説明したいと思います。


副業ではどのくらい稼いでいるのか?

まず確定申告をする前に、自分が副業で月にどのくらい稼いでいるのかをしっかりと把握する事から始めます。一般的なサラリーマンの平均的なひと月の副業での収入は2万円以下である事がわかっています。

もちろんそれ以上に稼いでいるという方も多いかもしれませんが、確定申告をしなくても済むギリギリのラインが1年で20万円以下なので、ひと月に2万円以下の副業をしている人が多いという事になるのですね。

ではそれ以上に稼ごうとしたらどうなるのかとういと、確定申告をしなくてはならなくなるわけです。


確定申告での注意点

確定申告をする時に注意しなくてはならないのは、プラスされた税金をどのようにして払うのか?という点だけです。

どうしてここが重要なのかというと、実はこの時何もしなければ会社の収入と合算をして、その合計金額で税金を決定して会社のお給料で一緒に引かれる事になるのですが、実は副業をしているという事がバレてしまう原因がこれです。

会社では収入以上に引かれているという事に気づくわけですね。すると「うちの会社だけじゃなくて副業をどこかでしている」という事になるのです。

こんな時代ですから副業したって文句言わないという会社もあるかもしれませんが、副業に能力を使う余裕があるのならもっと会社に尽くせと考えるのが普通ですよね。

だから本業を最悪解雇されてしまう事になるわけです。そうならないために必要なのが確定申告をする時に「住民票に関する事項」のところにある「自分で納付」という項目にチェックをしなくてはならないのです。

こうする事によって、副業の方の税金に関しては個人の自宅に支払い用紙などが届くようになります。ちょっと面倒だなと思う方はガッツリと稼げる副業ではなく、他の方の同様にひと月に2万円に届かないくらいの副業で我慢すればいいのです。

でもこれから稼げる副業をしたいという人は、毎年ちゃんとに確定申告を行うようにしましょう。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ