脱サラ起業で成功する人と失敗する人の違い

脱サラ起業で成功する人と失敗する人の違いってどんな事だかわかりますか?今はサラリーマンでも将来は自分で仕事をしたいと思っている方多いのではないでしょうか。そこで失敗したくない!という方に注意すべき点はどこかを簡単に説明いたします。


脱サラしたいと思う理由は?

ここ数年で、日本の経済は低迷状態ですのでサラリーマンは一番最初にそれが響いてきますよね。昇給はここ数年まともにないし、ボーナスだってそんなに増えていない。

そんな状態だからこそ将来の事を考えて脱サラをして、自分で起業したいと思うものなのでしょう。ところで脱サラをするのは良い事ですが、成功率はとてつもなく低い事をご存知でしょうか?

何と脱サラをして成功する人は全体の1割に満たないのです。つまり10000人の人が脱サラをしていたとしたら、100人に満たない人しか成功する事はないという事です。

成功した1割に入った人はいったいどのような事をしていたのでしょうか?


脱サラに成功した人と失敗した人の差

脱サラに成功した人と失敗した人の大きな差は、お金をかけたかお金をかけなかったかに分かれます。極端ですがこれに尽きるのです!

また、もう一つの大きな理由が脱サラをした時に会社を辞めたか辞めなかったかです。これも実は脱サラを成功させる秘訣だったのです。

脱サラを成功させた人は何が良かったのかを見てみると、脱サラを決めてから完全に起業するまでは会社を辞めずに稼げる副業をしていたのです。

副業が軌道に乗るまでは恐ろしくて会社を辞めるなんて事はしません。ところが脱サラに失敗した人はどうかというと、自分で起業するのだ!と決めた段階から浮足立ってしまい、会社なんてやっていられない!とばかりにすぐに辞めます。

そして成功する確率の低い店舗を借りたりしてお店などを始めてしまうのです。すると軌道に乗るまでに借金は膨れ上がりかといって会社は辞めてしまっているのでどこからも収入がありません。

結局は会社を辞めてしまっただけではなく借金が残り、一家離散で途方に暮れるという感じでしょうか。大げさに聞こえるかもしれませんが失敗のシナリオなんて皆同じような事なのです。


起業するなら副業を始めるべき!

成功している人のほとんどは店舗などは必要としません。だったらネットショップだけで運営した方がいいからです。店舗は必要ありませんし在庫だって必要ないのです。

ですが全ての人が等しく成功するには差があります。そのために会社を辞めずに副業をして成功するまで試行錯誤を繰り返した方が良いのです。

そしてある程度自分がやるべき道を決めて、収入を安定させられるようになってきたら会社を退職すればいいのです。退職金ももらえるでしょうし借金はありませんからまさに起業に成功したと言えるのではないでしょうか。

以上のことから、脱サラして起業に成功する人としない人の差は、稼げる副業をしていたかしていなかったかに尽きるのではないでしょうか。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ