ブログで副業する場合の収益源とその選び方

Web-Blog-Vector

一昔前と違いブログは誰でも簡単に作る事ができ、今や誰しもが自分のブログを持つ時代になってきました。本記事を読んでいるアナタももしかしたらブログを持っていて、そのブログを使って副業で稼ぐ方法がないかと思っているのではないでしょうか?

実際、カリスマブロガーやアルファブロガーと言われる一部のブロガーは、ブログだけで食べている方もいます。そこで今回は、ブログでの稼ぎ方の仕組みから、収益源の選び方までを紹介します。




ブログの収益の仕組み

まずはブログで副業収入を稼ぐとはどういったことなのかについて説明します。ブログで収益を得る仕組みとしては、大きく分けて以下の2パターンがあります。

ブログを広告媒体とする

最初のパターンはブログに読者を集めて、そこに広告を貼ることで収益を得るものです。

広告の種類としては主に①AdSense、①アフィリエイト広告、③純広告があります。

①のAdSenseはGoogleの提供する広告で、ブログを訪れたユーザーが広告をクリックする度にアナタに数十円の副業収入が入ります。カリスマブロガーやアルファブロガーたちはこのAdSenseで稼いでいる事が多く、ブログの世界で最もポピュラーな収益源となっています。

②のアフィリエイト広告は、特定の商品やサービスの広告をブログ内に張り、その広告経由で商品が売れたり、サービスへの登録などがあった際にアナタに副業収入が入る成果報酬型の広告のことです。

アフィリエイト広告で儲けるためには、ブログと広告との相性が良い必要がありますので、アフィリエイトで副業収入を得ようと思ったら、ブログを作る段階で商材を選んで、その商材にあったジャンルのブログにする必要があります。

ちなみに私の運営するブログのほとんどはアフィリエイト広告で収益を得ています。

③の純広告とは、枠ごとに月いくらとう価格設定で、企業などに広告枠を販売することです。上記の広告の中では一番収益が安定しますが、広告枠を販売する営業力と、媒体としての価値が最も問われる上級者向けの収益源です。


ブログを集客媒体とする

2つ目のパターンは、ブログから直接収益を得るのではなく、他に本業があって、それの集客媒体としてブログを使うものです。

例えば本業で店舗を持っている、コンサルティグや法律や税金など何かしらの相談を受ける商売をしているといった際に、ブログから問い合わせができるようにして、実際の副業収入は本業を使って得ます。


これからブログを始める人の収益源の選び方

これから副業でブログを始めようと思う人はまずは収益源を選ぶところから始めましょう。どうやって稼ぐかを考えないでブログを始めてしまうと、結果として稼ぐ方法がないといった事態に陥ることがあります。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ