在宅ワークで稼ぐには?副業で効率良く月収をアップする方法

お給料だけでは収入が少なすぎる。でも会社の給料なんて1年に一度昇給があればいいほうだし・・・。そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが在宅ワークでの副業です。

会社や家族にバレる可能性もなく空いた時間を活用してできるため、サラリーマンの方や主婦の方に高い人気があります。


1.ネット上には在宅ワークの副業がたくさんある

近年、インターネット上には「在宅ワークでできる副業があふれている」状態といってもあながち大げさではありません。

お仕事を依頼する側のクライアントにとっても、在宅ワーカーを活用できることは大きなメリットがあるためです。

従業員を雇って毎月固定のお給料を支払うよりも、人手が必要になった時だけ依頼できる在宅ワーカーに依頼する方が効率的に事業を運営できるためです

。試しに在宅ワークを紹介している業者のサイトをのぞいてみてください。たくさんの仕事が発注されているのに驚かれると思いますよ。


2.「稼げる副業」はどうやって見つける?

ただし、在宅ワークの副業といっても、稼げる金額はお仕事によってまったく違います。

ずばり「稼げる副業!」といえるようなものから、「時間ばかりかかってしまってぜんぜん稼げる副業とはいえない・・・」というような仕事まであります。

たとえばプログラミングや高度なWEBデザインなど本業での経験を活かして一ヶ月に数十万円〜数百万円単位で副業で稼ぐ人もいれば、簡単なデータ入力(キーボードやテンキーでの単純な入力作業)では月に稼げても1万円ぐらい、というような仕事もあります。

在宅ワークの副業といえども、お仕事を発注しているクライアントの意図に沿った付加価値の高い仕事ができるかどうかで受け取れる金額は大きく変わるといのが実情のようです。

稼げる副業であるかどうかを判断するコツは「この仕事での自分の時給はいくらぐらいだろう?」ということを常に意識して仕事を選ぶことです。

在宅ワークでは一つの仕事に対して支払われる報酬を事前に明示した上で契約を結ぶのが普通です。

そのため、どのぐらいの時間でその仕事を終えることができるのか大まかに計画を立て、「報酬額÷時間」の計算をすればその仕事での自分のおおよその時給を知ることができます。

もちろん、最初から「この仕事をどのぐらいの時間で終えることができるか」を正確に把握するのは難しいので、慣れるまではできるだけ同じ種類の仕事を受注するようにするのもポイントです。

同種の仕事をこなすうちに、仕事を終えるスピードもどんどん早くなりますし、クライアントに「この人の仕事は素晴らしい!」と思ってもらえるような質の高い仕事ができれば、報酬単価の交渉などにも応じてもらえる可能性は高まります。


3.在宅ワークの注意点

ただし、注意点もあります。在宅ワークの副業といっても、発注するクライアントとしては在宅ワーカーはプロとして責任を持って仕事をしてくれるものと期待するのが当然です(お金を支払って仕事を発注するのですから)

そのため、「本業の仕事が忙しかったので納期に間に合いませんでした」なんて言い訳は一切通用しません。

万が一、契約の途中で仕事を投げ出したり、納品したものがネット上の情報の単なるコピーであったりした場合にはクライアントから損害賠償の請求を受けるというようなケースも少なからずあるようです。

在宅ワークの副業とはいえ、お仕事を受注する際には必ず「プロ」として責任感を持って行うように注意しましょう。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ