副業がばれないためにアナタがすべきこと

副業をしたいけど、会社にばれたらどうしよう。またはすでに副業をしていることを、周りにばれないためにどうしたらいいのか分からない。

それは副業を始めた人なら、誰でもよぎる不安だと思います。

私も副業を始めてしばらくして、この不安を抱えるようになりました。しかし、実際には私は副業が会社にばれることなく、副業を本業にすることができました。

その時の経験から、会社に副業がばれないためにすべきことを紹介したいと思います。


1.基本は会社関係の人には絶対言わないこと

会社に副業がばれないための大前提ですが、副業をしていることを会社関連の人に絶対に言わないことです。

実は会社に副業がばれる一番の理由は、同僚や取引先からの密告です。アナタが副業で収入を得ていることを妬んだ人が密告するのです。

もちろん、悪意がなくても話題に登ってしまいばれてしまうこともありますので、どんなに仲の良い人でも言わないようにしておきましょう。

例外として、副業の都合で残業ができないことなどを理解してもらうために、直属の上司が信頼できる人であれば、事前に言っておくこともケースによってはありでしょう。

しかし、大前提は誰にも言わないことです。誰にも言わなければ、多くの場合、アナタの副業はばれないで済むでしょう。


2.誘いを断る理由を作っておくこと

サラリーマンをしていると、当然ですが仕事後の飲み会や付き合いのゴルフなど、様々なお誘いがあるでしょう。

このお誘いをむげに断っていると、副業を怪しまれてしまいます。そこで、うそでもいいのでお誘いを断る理由を作っておきましょう。

例えば、資格取得のために勉強している、奥さんと家事を分担している、子供が小さいのでできるだけ家に居たいなど、納得できる理由であれば何でも良いでしょう。

ある程度の期間、誘いを断っていると、あまり誘われなくなるので、そうなれば特に嘘をつく必要もありませんので、しばらくの辛抱と思い、耐えましょう。


3.役所に住民税の普通徴収を申告

副業で実際に収入を得ると、様々な税金の支払い義務が生じます。この中で会社に副業がばれてしまう理由になるのが、住民税です。

住民税は所得に応じて地方自治体収める税金です。特に何もしないと、副業分も合わせて会社に申告されてしまうため、同じ給料なのにアナタだけ住民税が多くなり、副業がばれてしまうのです。

そこで、役所の住民税担当者に電話して、住民税は普通徴収にしてくれるように頼んでおきましょう。

普通徴収とは、確定申告時に自分で申告して、住民税を支払う形式なので、会社に副業がばれないのです。


4.確定申告でも住民税を普通徴収に

先の住民税ですが、役所に言っただけでは完璧ではありません。

年に一回の確定申告時に「住民税・事業税に関する事項」の「自分で納付(普通徴収)」欄にチェックを入れます。

こうすることで、自分で副業分の住民税を支払うことができるので、副業が会社にばれないのです。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ