ばれない副業でこっそりと収入を上げる方法

VF01

大抵副業をしている方というのは会社には内緒でという事が多いと思うのですが、それは普通会社というのは副業がバレてしまうとまずいからという事が多いと思うのです。

だったらばれない副業をすればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、副業をしているのかいないのかについては、確定申告によってバレてしまう事があるのです。

では具体的に確定申告と副業と会社にバレるばれないについてを考えてみる事にしましょう。意外な落とし穴があるかもしれませんので注意して納得していただきたいです。




1.平成26年度から確定申告についての法律が変わりました

これを知らない方も意外と多いのではないでしょうか。これまでは一月の収入が20万円以下の場合には確定申告をする必要は無いという認識でいたと思うのです。

ですが平成26年度からは金額に関係なく、本業とは別に収入があった事を市町村にだけ確定申告すれば良いという事になったのです。

つまりどういう事なのかというと20万円以下であっても、住民税には関係してくるため、住民税に対しての確定申告をしなくてはならないという事になるのです。


2.住民税の確定申告をしないとどうなってしまうのか

住民税の確定申告をしておけば、年間に支払う住民税の金額が訂正されるだけですので、会社にばれる心配はまず無いと言っても良いでしょう。

ですがもしも確定申告をしっかりとしておかなければ、市町村の方から会社の方へ訂正のお話がいく可能性が大きいのだそうです。

つまりばれない副業というものは存在せず、バレてしまった方は住民税の確定申告をしていなかったからであるという事になるのですね。

ちなみに副業をしている企業によっては、すでに市町村の方へ申告をしている可能性が高いため、収入を得た側もしっかりと市町村の確定申告だけは申告した方が良いという事になるわけです。


3.より安心して副業をしたいという場合に利用すべきもの

今副業をしている方は日本だけでもかなりの数であると言えるでしょう。その中でどれだけの方が会社にばれないようにできているのかというと、成功率はかなり低いと言わざるを得ません。

その理由はやはり市町村への申告が問題になっているのではないでしょうか。そもそも企業では副業を禁止しているところがとても多いですね。

副業をしている人は副収入を得ている事が、言わなければ誰にもばれないと考えている方が多く、さらにネット上にある情報に問題があるケースが重なり、会社にバレてしまうわけです。

これを回避するためにはプロに相談してみるのも良いでしょう。無料で相談してくれる事務所なども相当ありますので、そうしたプロにお願いして安全性を高めてみてはいかがでしょうか。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ