バイトで副業をする時はメインの会社次第で工夫が必要

jobs

メインの収入以外に収入が欲しい。ならバイトで副業をして収入にプラスするしかない!この考えは間違ってはいませんが、副業でバイトをする場合にはメインの会社によっては細心の注意をはらう必要がある場合もあります。

というのも一般的にはダブルワークを禁止しているところの方が断然多いです。

でも会社に言わなければダブルワークをしてもいいはず!そう考えている方もいるかもしれませんが、実は会社に言わなければ大丈夫なのかというとそうではありません。

翌年にはバレてしまう事になるのです。その理由についてを説明いたします。




1.バイト先が市役所へ市役所からメイン企業へ

バイトで副業をした場合のバイト料は、市役所の方に誰々にどのくらい給料として払ったという申告をする事になりますので、当然市役所の方では本人から申告も連絡も無ければ、そのままメインの企業から住民税を徴収する形になります。

この時の連絡でメインの会社に副業でバイトをしている事がバレてしまうのです。

ですからバイトで副業をしている方は市役所へ申告を行い、その時の住民税の徴収は自宅へ連絡がいくようにしなくてはなりません。

そのためには個人的に確定申告などを行い、バイト代の分の住民税の徴収はメインの企業に連絡を入れないように頼むしかないのです。


2.20万円以下だったら申告しなくてもいいと聞いた

よく20万円以下の副業だった場合には申告をしなくてもいいと聞いた事があるという話を耳にしますが、果たして20万円以下の収入ならばバイトで副業している事を申告しなくてもいいのかというとそうではなく、例え数千円であってもバレるものはバレてしまうのです。

なぜかというとどんなに少ない金額であろうとも、バイト代として払った側にとっては関係なく「給与支払報告書」という形で市役所に提出する義務となっているからです。

支払われたという報告があれば当然市役所としては税金を徴収しなくてはならない事になるので、メインの企業へ徴収しようとするためバレてしまうのです。


3.どんなに少ない額であってもバイトで副業をしたら報告する

結果的にどれだけ少ない額であろうとも、副業のバイトで得た収入はしっかりと市役所に申告をして、税金の徴収は会社とは別にしてほしいと市役所の担当の方に言う事です。

もちろんダブルワークがOKという企業に勤めていても、しっかりと申告はした方が良いでしょう。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ