SEは副業への参入がしやすい職業で収入が本業を上回る事も

Desk_07-01

SE(システムエンジニア)と言われる方々は、その職業柄インターネットの世界での副業に参入しやすいと言われています。

確かに副業をしようと思ったら仕組みを知っているだけに好きな副業を選び放題というのはあながち間違ってはいないのかもしれません。

それが証拠に副業で本業と同じくらい稼いでいるSEもたくさんいるのは事実で、そのまま副業を本業にしてしまうという方もいるらしいので、副業とは言っても馬鹿にできないものなのです。




SEが参入しやすいと言われている副業とは

SEは通常はインターネット上の基礎の部分を作っている仕事をしているだけではなく、全体的な知識とスキルを持っているため、ライティング以外のスキルを使ってWEBサイトの構築などを行う仕事が多いと言われています。

当然ですが求められるスキルは多く、HTMLはもちろんの事、CSSやJavaSriptやPHPやPerlなどについても経験を持っていた方が良いと言われています。

それらのスキルを駆使するだけではなく、さまざまなブログソフトやCMSなどについても利用経験があった方が良いと言われています。

とは言ってもブログなどを更新する作業の事は少なく、サーバーに設置をしたり設定をしたりするのが仕事の事が多いでしょう。


SEはアフィリエイトよりもアプリの開発などの方が良い?

よく言われるのがSEの方はプログラミングは得意だけど、記事の作成などをするのに慣れていないため、どちらかというとサイトの構築以外であればアプリの開発などの方が向いていると考えられています。

確かにSEの方々は普段からライティングなどをしていない限りは開発に携わった方がよりたくさん稼ぐ事ができると考えられています。

その事からSEの方が欲しい最低限のスキルとしては、JAVAやPHPやCGIでプログラミングができる方であったり、その経験があるという方の方が副業に向いているという事が言えるかもしれません。

いずれにしても収入はかなり多いと言えるでしょう。


SEが副業をする時に注意すべきいくつかの事

SEはWEB製作会社などに勤めている方の場合は開発などに慣れているのでそれほど問題はなさそうに感じるのですが、会社と同じかそれ以上に納期については厳しく考えなくてはなりません。

それがそのまま実績になってしまうために、納期を厳守できないと次が無い場合も多いからです。

よくご存知の事とは思いますが、信用が一番重要になってくるのがインターネットの世界です。

なのでできる事とできない事は最初からしっかりと相手に伝える事、納期については最初の段階でしっかりと相談をする事などに気をつけて受注をするようにする必要がある事も忘れないようにすべきです。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ