社会人が副業するなら知っておいてほしい現実と心構え

1-01

今回は副業でお金を稼ぎたいと思っている社会人のアナタに知っておいて欲しい、副業の現実と大事な心構えについて話したいと思います。

というのも、世の中には一日たった30分で月に30万円稼げます!とったうさん臭い情報があふれていて、そういう情報に振り回されている人がかなり多いなと思ったからです。


1.楽して稼げる副業なんてあるのか?
2.副業の現実は地道にコツコツ
3.副業と本業をどう考えるか?これが重要だ
4.それでも知っておいてほしい自分で稼ぐ楽しさ


1.楽して稼げる副業なんてあるのか?

始めに言っておきますが、楽して稼げる副業なんてありません。

アナタがある程度歴の長い社会人であれば分かると思います。基本的に私たちが暮らしている資本主義経済は、お金を得るために労働や投資といった対価を支払う必要があります。

そのため、最初から一日30分で月に30万円稼げるという情報はほとんどが誇張された表現だと思います。1日30分で30万円を稼ぐ事自体は可能ですが、それは30万稼げる仕組みをかなりの時間を掛けて作った人だけです。

つまりウソではないですが、大事な説明が抜けていると思います。正確には「1日3時間を1年くらい続けて稼げる仕組みを作ると、最終的には1日30分で月に30万円稼げるようになる方法」といったところでしょうか?

この前提であれば、非常に現実的でかつお金を出す価値がある情報になりうると思います。

立派な社会人のアナタが副業を始めようと思うならまずは「楽して稼げることはない」ということを心に留めておいてください。


2.副業の現実は地道にコツコツ

実際にどんな副業を選んだとしても、最初はひたすら地道にコツコツと作業していくしかありません。この鉄則は社会人が副業をするだけでなく、ベンチャー企業を立ち上げて起業家になる場合も同じです。

というより、起業するのも副業するのも本質的には同じで、自分でビジネスを立ち上げることに他なりません。

そのときに重要なのが、この地道にコツコツと業務をひたすらに続ける事ができるかです。

実際に副業をしてみると驚くかもしれませんが、今アナタが会社でやっているとこの方が遥かに派手で面白みがある仕事である場合がほとんどです。


3.副業と本業をどう考えるか?これが重要だ

社会人が副業をする場合、考えてほしいのが、副業と本業との関係性です。

具体的には、副業をあくまでも本業を収入面でサポートする存在としてとらえるのか?もしくは、ゆくゆくは副業を本業として独立を目指すのか?ということです。

必ずしも答えを最初から決めておく必要はありませんが、考えておく事は重要です。この答えによってアナタが会社でとるべきボジションや副業にかける時間やお金も違ってきます。

私の場合は、始めから副業を本業すると決めていたので、副業を始めたときから、残業や飲み会を全てカットして全力投球しました。

当然会社での出世の道は閉ざされてしまいましたが、逃げ道がなくなったことでモチベーションを維持したまま副業を継続できたので、結果として良かったと思います。これは極端な例なので参考にはならないかもしれませんが。


4.それでも知っておいてほしい自分で稼ぐ楽しさ

ここまで社会人が副業をする厳しさや辛さを中心に語ってきましたが、ほんとうに知ってほしいのは実は、そういった辛さを差し引いても、自分の力で一から稼ぐ楽しさは何事にも代え難いということです。

副業でも何でも、自分でビジネスを作る楽しさは、自分がやったことが社会の評価されて、それに見合った報酬を得る事。まずはこれにつきると思います。

実際に私も最初の副業収入を得たときは飛び上がるほどうれしかったです。ちなみに、今でも収入が入ったときは、めちゃくちゃうれしいです。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ