副業の種類は大きく分けると4種類 どれを選ぶかは自由

608465.150p-01

副業をしたいと考えた時に頭に浮かぶのは大きく分けると4つほど浮かぶものですね。その4種類の中から自分に最も合ったものや、自分の環境に最も合ったものを選んで働く事になるわけです。

やはり働くのであれば能率が良くて短時間で稼ぐ事ができて、本業に支障が出ないものが良いという事があげられます。

もちろんできたら本業よりも稼げるとさらに嬉しいですが、そこまで欲張ってはいけないのでせめて月にプラス5万円くらいは副業で欲しいものです。

そこで副業の種類とそれぞれの特徴などについてを調べてみました。




副業の種類 その1 もう一つ働く会社を増やす→つまり労働

パソコンなどで仕事ができなかった時代はこの方法が最もポピュラーで、むしろコレしか無かったという感じのダブルワークというやつです。

この方法は確かにお給料は増えるかもしれませんが、身体への負担と時間の拘束が厳しいですね。

本業の会社との時間の兼ね合いなどが大変だし、寝不足はもちろん肉体疲労が激しいので今はよほどの事がないとこれは選択しないでしょう。


副業の種類その2 パソコンでライティングやデザインなどをする

パソコンの普及によって家庭でも仕事ができる時代になってからは、むしろこの副業の方が率が良いし時間の拘束は多少あれど会社が終わってからでもできるので、こちらの仕事の方がより自由に稼げているという実感があるのではないでしょうか。

ただしこの仕事は副業としては良い方法であると言えるのですが、向き不向きというものがあるのも事実です。

パソコンで作業をするという副業の場合は、得意な方であったりもともとそういった仕事をしているなどが条件になる可能性は高いでしょう。


副業の種類 その3 アフィリエイトで副業をする

こちらもパソコンを使ったりスマホや携帯でもできる副業として人気が高く、ブログやウェブサイトを利用して広告収入や商品販売などの報酬を得る事ができるというもので、簡単な仕組みさえわかってしまえば比較的楽に稼ぐ事ができるとも言えるのではないでしょうか。


副業の種類 その4 FX投資や株式投資などをして資産を増やす

ビジネスマンの方が副業として選択する事が多いのがこの投資という副業の方法ですが、仕組みがわかっていてもどうすれば儲かるのかがわかっていても、やはり損を絶対にしないという保証は無く、多少の授業料は必要になるというのが最大のデメリットです。

他にももちろんあるかもしれません。ですが多くの方がこの中のどれかを副業としているのは事実です。

そもそも副業というのはだれでもができるものでないといけませんが、現実はそれほど甘くはないのかもしれません。


当サイトオススメの稼げる副業



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ